小児科医50年
喜寿を迎えた小児科医の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ぱちくりテストの手技

まず方法であるが、満1歳までは手でよい。しかしそれ以上になると、そんなことをすれば子供に嫌われる。「遊び心」がいる。そこで日本の玩具「まきとり」(私はずっとくるくるだと思っていた)を使うことを思いついた。あまり長くない全長30cmくらいのがよい。図のように子供の眉間に吹き出す。「面白いことをするよ」と断っておくのがよい。鳩が豆鉄砲を食らった状態に似ているので「ぱちくりテスト」と名づけた。私は昭和38年にアメリカのジョンズホプキンス大学で、有名な小児神経学の教授の診察方法を見た。先生がやおらカバンから取り出したのが、なんとメイドインジャパンの玩具だったのに感銘を受けた。「そうか、日本の玩具は世界に冠たるものか」。それがこのテストの原点である。
20050505212252.jpg

20050505212421.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

kan
  • Author:kan
  • 1928年生まれ。
    小児科医
  • RSS
  • 04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • 逆援助(11/16)
  • 逆援助(11/16)
  • 逆援助(10/25)
  • 逆援助(10/25)
  • 逆援助(10/25)
  • 逆援助(10/25)
  • 逆援助(09/24)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。